プーアール茶にはカフェインが入ってる?気になる副作用はあるの?

プーアール茶にはカフェインが入ってる?気になる副作用はあるの?

摂りすぎはよくないと言われるプーアール茶のカフェインについて気になる副作用等、詳しくお伝えします。

 

目次

 

カフェインの取りすぎでおこる副作用

カフェインを毎日摂取している方ってかなりいますよね?!
特にコーヒー類はもちろんのことプーアール茶をはじめとしたお茶類にもとにかくカフェインは含まれていることから、飲み物からカフェインを体内に日常的に取り入れているよ★なんていう方が大半だと思います。
カフェインはこのように手軽に取り入れることができるという点からも、やはり意外とそこまで重要視されていないモノでもあるようですが実はカフェインの取りすぎは副作用を引き起こすこともあるようなんです。
副作用なんていう言葉を耳にすると、何となく手軽に取り入れることができるという点からもちょっとひっかかりますよね!
今回はそんなカフェインの取りすぎで引き起こされてしまう副作用にはいったいどのようなものがあるのかをチェックしていこうかと思います♪
カフェインの取りすぎはやはり胃へもダメージを与えてしまうことから、胃の痛みをはじめ、吐き気といった症状が出てしまう方もいるようです。
胃がカフェインで荒れてしまわないようにやはり注意する必要もあるようですね◎
そしてこのほかにも、呼吸困難や、不整脈、動悸など意外と恐ろしい症状が副作用で引き起こされる場合もあるのだとか。
やはりカフェインは体質によって合う・合わないもあることから、このような症状が出た際にはやっぱりカフェインを摂取するのにはきちんとカフェイン量への配慮が必要だと思います。
また、中には急性カフェイン中毒になってしまう方もいるようで、この場合は死に至るケースもあるようなので、かなり身近な存在であるにもかかわらずカフェインは意外と取りすぎてしまうとかなり危険な存在へもなってしまうんです!!
このほかにも、頻尿や神経の興奮、睡眠障害などといった症状もカフェインにより引き起こされるようなので、これらの症状が出た際にはやっぱりカフェインを控えるようにしたほうがあなたのためだと思いますよ◎
私たちの強い味方にもなってくれ、しかも手軽に取り入れることができてしまうカフェイン。
しっかりと取りすぎによる副作用が現れないようにするために、手軽に取り入れることができるからこそ、しっかりとカフェイン量には意識を向けて日頃から摂取を心がける必要があるということがよくわかりますね!!
これを機会に、ぜひあなたも自分が1日でどのくらいのカフェイン量を体内に取り入れる生活をしているのかを今一度再確認してみましょう!

 

▲目次に戻る

 

プーアール茶にはカフェインがどれくらい入ってる?

プーアール茶を飲む際に、カフェインには注意が必要!なんていうことを聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?
やはりカフェインは過剰摂取してしまうと、ダイエット効果どころかやっぱり体にとってかなり負担をかけてしまうことから注意が必要なんです。。
カフェインの話題が最もあがりやすい飲み物といえば、やっぱりコーヒーですよね!
150mlあたりでだいたいコーヒーは90mgくらいのカフェイン量が含まれているようなのですが、これと比べてみるとプーアール茶のカフェインはどうやらだいたい30mgということから、3分の1ほどなのだとか。
これは、緑茶や紅茶、さらにはウーロン茶などと同じカフェイン量でもあることからコーヒーよりもカフェインに対しては安心することができそうですよね♪
意外とカフェインが含まれていないんだな♪なんて安心した方もいるのではないでしょうか。
ただし、プーアール茶で注意をしたいところは、ただひとことでプーアール茶といっても、生茶タイプのものと熟茶タイプのものがあるようなんです。
ちなみにさきほどあげたプーアール茶のカフェイン量は、生茶タイプのもので、塾茶タイプのものになると、最低15mg〜30mgといったかなり幅のあるカフェイン量となるようですね。
また、すべてがこのようなカフェイン量というわけではなく、かなり長い間放置されてしまっているプーアール茶はカフェインの量がこの量よりも低くなるようです。
やっぱりカフェインが含まれている飲み物は、カフェインの過剰摂取をしっかりと避けるためにも、どのくらいのカフェインの量を摂取してしまうのかということや、自分はどのくらいのカフェインを1日で取り入れているのかなどもきちんと意識することが、健康的にカフェインを取り入れる秘訣だと思います◎
プーアール茶にも、それなりにカフェインが含まれているということを忘れずに、自分の体にあった適量のカフェインを摂取することを意識してプーアール茶を飲む習慣をつけることが大切だということですね★
あまりやみくもに飲みすぎて、カフェインを過剰摂取してカフェインにより引き起こされる症状に悩まされないように注意しましょう◎
もちろん、プーアール茶のみならずコーヒーなどほかのカフェインが含まれている飲み物も普段から飲んでいるのであれば、なおさらそれぞれの飲み物に含まれているカフェインの量を意識することを忘れないでくださいね!
意外とカフェインを日頃から取り入れすぎている方も中にはいるかもしれませんよ〜。

 

▲目次に戻る

 

プーアール茶といろんな飲み物のカフェイン比較

とにかく身近にある飲み物にもカフェインが含まれているものってとても多いですよね!
このことからも知らず知らずのうちに、意外とカフェインを体の中に取り入れている生活習慣をされている方がとても多いのではないでしょうか?
そんなカフェインが含まれている飲み物の中には、プーアール茶もしっかりと含まれているのですが、プーアール茶に含まれているカフェインは、ほかの飲み物に含まれているカフェイン量と比べてみるといったいどの程度なのか・・・気になりますよね!?
そこで今回は、プーアール茶といろいろな飲み物のカフェインを比較してみました★
まず、肝心のプーアール茶に含まれているカフェイン量ですが、だいたい150mlで30mgほどのカフェインが含まれているといわれています。
ですがこのカフェイン量は、生茶状態のプーアール茶の場合だそうです。熟茶状態のプーアール茶は、だいたい15mg〜30mgほどだということなので、熟茶状態のほうが期間によってはカフェインの量が少ないようです!
このように、プーアール茶はタイプによってカフェインの量にも違いが出てくるようなので、ここもしっかりとまずは意識しておいてくださいね☆
では、さっそくこのプーアール茶のカフェインの量を知ったところで、ほかの飲み物のカフェイン量もチェックしてみることにしましょう!
コーヒーは、90mg、紅茶や煎茶、ウーロン茶などは30mgなのですが、玉露は180mgも何とカフェインが含まれているといわれています。
また、麦茶の場合はノンカフェインなようですね。
これらの飲み物も、150mlあたりのカフェイン量として計算されているのですが、プーアール茶はコーヒーよりもカフェインの量が少ない飲み物であるということがよくわかりますよね◎
そこまで激しくカフェイン量がプーアール茶には含まれていないということから、安心してプーアール茶は毎日飲み続けることができるお茶だといえそうですよね♪
もちろんだからといって、過剰摂取をすることはやっぱり良いとはいえないので、自分に合った適量のプーアール茶で、しっかりとプーアール茶ならではの良い効果を実感できるように飲み続けていってみてはいかがでしょうか。
やはり体質により、カフェインの摂取量にも個人差があると思うので、カフェイン量をしっかり意識して飲むように心がけることも大切ですよね!
プーアール茶以外にもカフェインを含んでいる飲み物を飲む習慣がある方は特に注意してみてくださいね☆

 

▲目次に戻る